ハーブファスティングとは?ハーブを使った強力なのに辛くない断食方法

ハーブファスティングとは?

飽食の時代と呼ばれている現代。現代人は知らず知らずのうちに、またストレスが溜まってつい、脂肪分の多い食べ物を摂取してしまいがちです。

そして、身体の中、さらには内臓に脂肪が付き、溜まります。

身体に脂肪が溜まると血液がどろどろしたり、生活習慣病が起こりやすくなります。

それどころか、体の中に化学物質や農薬は脂肪の中に蓄積されると言われており、それらが身体に有害な影響を与える危険があります。

ファスティングという言葉は、最近メジャーになって来ていますが、詳しい意味を知らない方が多いのではないでしょうか。ファスティングとは断食のことですが、決して全く栄養を採らないということではありません。

身体にいいドリングやスープを適度に飲みながら、脂肪分を燃やし、有害物質を減少させ、身体全体を浄化させることです。ハーブファスティングとは、ファスティング中に適量のハーブティーを飲むことです。

ハーブは身体の有害成分をデトックスさせる成分を持つため、ファスティングに利用することでとても効果が出ると言われています。

 

ファスティングの効果について

ファスティングは、スリムになること以外にも、身体にとって良い影響を与えます。この記事では、主に3点の効果について解説します。

1点目として、病気が予防できます。

ファスティングにより炭水化物を摂取しなければ、身体の中に貯め込まれている脂肪分は、体を動かすための栄養分となり、燃やされます。

このとき、脂肪の中に溜められていた食品添加物や化学物質などの有害物質も、脂肪と一緒に燃やされます。このような有害物質は、将来的に病気を引き起こす危険性があるため、病気の予防にも繋がります。

2点目として、腸内環境が整備されます。

私たちが食事をすると、食事の中には化学物質が含まれていることもあり、腸に負担をかけてしまいます。

さらに消化の悪い食物は腸内で悪玉菌を生み出し、下痢や便秘の原因にもなります。ファスティングは腸に負担を掛けないことで、腸内の免疫細胞や善玉菌を増加させ、腸と繋がっている顔の健康も整えます。

これにより、免疫力が活性化し、美肌効果も期待できます。

3点目として、老化の防止に繋がります。

身体が飢餓状態になると、細胞内ではオートファジーという自食作用が働きます。

これにより、細胞内に貯まった不要なたんぱく質が取り除かれ、細胞の若返り効果が生まれます。

以上の効果により、ファスティングは身体を健康的なものにさせます。

 

メディカルハーブの歴史や効果について

ハーブの歴史は、人類の歴史とほぼ同じ長さであると言えます。

すでに5,000年前の古代エジプトでハーブは栽培されていました。

ハーブの栽培方法はエジプトから古代ギリシアへと伝わり、人類医学の祖と言われるヒポクラテスは、世界で初めて267種類に渡るハーブの効能を調べ、その処方方を後世に残しています。

さらにメディカルハーブはアラブ世界へと伝えられ、世界三大伝統医学の1つである「ユナニ(古代ギリシャ)医学」において、重要な治療薬と見なされました。

中世ヨーロッパにおいては、メディカルハーブは主に修道院の庭で栽培され、病気の人々に癒しを与えました。

近世、近代、そして現代になってもメディカルバーブが注目され、利用されている原因は、全てが自然に作られた物質だからと言えるでしょう。

近代西洋医学は化学物質としての薬を用いて病気を治療する学問ですが、メディカルハーブとは言わば、化学物質ではない「大地の力」を利用して人間の持つ根本的な治癒力をサポートするものだからでしょう。

ハーブは東洋における漢方薬と同じく、自然から生み出された成分をもって、これからも、私たち人類の健康をサポートしてくれるでしょう。